本文へ移動
4.オリヴァー・スタットラー氏の紹介
スタットラーと水口屋の主人望月半十郎夫妻(昭和20年代後半)
 
(清水歴史探訪より)
 太平洋戦争終結後、破れた日本は連合軍に占領されます。水口屋は、アメリカ軍の保養施設として使われましたが、そこにやってきた軍人たちにも強い印象を与えました。
 「こちらの方で注目していただきたいのは、こちらですね。
オリヴァー・スタットラー氏ですね。」
 「はい。外国人の方ですね。」
 「そうですね。こちら、第二次世界大戦後、一時、アメリカ軍の保養地となりました。週末になりますと、横浜・東京のほうからアメリカ軍の方がこちらの方に保養にみえられました。
 このオリヴァー・スタットラー氏もその中の一員でして、日本旅館に泊まることは初めてだったみたいで、この日本のおもてなしがだいぶ気に入ったようでございます。
 
写真は、水口屋の展示室にあった『オリヴァー・スタットラー氏
 1999年撮影
◆オリヴァー・スタットラー(1915-2002年)
 米国シカゴ生まれ。シカゴ大学卒業。1947年に軍属として来日し1958年まで滞在。日本文化の研究家となる。米国各地で展覧会を企画、日本の現代版画の紹介と普及に努めたほか、多くの講演、執筆などを晩年まで続ける。1977年ハワイ大学東洋学客員教授、1980年神戸女学院大学客員教授になる。著書に『Japanese Inn』、『Shimoda Story』、『Japanese Pilgrimage』などがある。
Japanese Inn
Shimoda Story
Japanese Pilgrimage
 母国に帰りまして、この『JAPANESE INN(水口屋物語)』という本を執筆されまして、それが有名になりました。英語版、ドイツ版、日本語版、が印刷されまして、この本を読んだ外国人の方がこの水口屋を訪れてくださいました。

 このエリザベス・テイラーさんも、昭和36年のライフという雑誌の表紙になりまして、水口屋旅館が紹介されるようになりました。
 
 ただ、残念なことにこの『JAPANESE INN』は絶版となってしまいました。ただ、日本語版は興津の生涯学習センターのほうで置いてございます。読みたい方はそちらのほうで読んでいただけるかとおもいます。
下田物語には、アメリカ総領事ハリスの着任からハリスの江戸への旅行について書かれております。
スタットラーのJapanese Pilgrimageについて
 
 オリバー・スタットラー氏は、四国巡礼をして『Japanese Pilgrimage』を書きました。四国八十八箇所の霊場をすべて巡っているのです。残念ながら、日本語の訳はないようです。
 
 スタットラーの影響で、四国巡礼をした記事を紹介します。
(2013年 徳島新聞より)
 オーストラリア人女性のレイチェル・クライヴさん(40)は、昨年9月、長期休暇を利用して初来日し、念願の歩き遍路に挑んだ。
 遍路文化を知ったのは大学生のころ。米国の遍路研究者オリバー・スタットラー氏の著書を読み、「エキゾチックで不思議な世界」と、強く心を引かれた。
 異国の地を一人で歩く旅となるため、言葉の壁や生活習慣の違いに不安はあった。しかし、遍路を始めると、不安はすぐに吹き飛んだ。「誰もが親切なんです。こちらから尋ねる前に、困ったことはないかと声を掛けてくれて心強かった」
 行く先々でお接待を受けた。しばらくして「同行二人」の精神で、お遍路さんと共に歩いている弘法大師への接待でもあると聞き、遍路文化が四国の人々に深く根付いていることを知った。
 この『JAPANESE INN(水口屋物語)』には、オリヴァー・スタットラー氏が自分の足で集めた興津の歴史、また水口屋の歴史が書かれております。」
 「日本を代表する旅館の1つになったわけですね。」
 「そうですね。当時のおかみさんは帯の後ろに英語の辞典を挟んで接客していたということもあったみたいですね。」
 
よみがえった芸術ー日本の現代版画
 最後に紹介するのは、オリヴァー・スタットラー著『よみがえった芸術ー日本の現代版画』です。
 オリヴァー・スタットラーは、戦後米軍の文官(予算管理官)して来日、日本の創作版画に魅了され世界有数の版画コレクターになりました。また、各地を歴訪、日本文化の研究家にもなりました。
 1956年に『Modern Japanese Prints: An Art Reborn』を著しました。創作版画愛好家のあいだでは長くバイブルとも目されてきた日本の現代版画の解説書です。本書はこの原書を翻訳したものです。
 
 というわけで、早速、購入してみました。以下、気に入った版画を紹介いたします。
恩地孝四郎
あるヴァイオリニストの印象
山本鼎
デッキの一隅
平塚運一
飴の耶馬渓 羅漢寺
前川千帆
湖の見へる室
関野準一郎
水族館
棟方志功
鷹持妃の柵
川上澄生
蛮船入津
武井武雄
初山滋
白い馬
勝平得之
いろり「秋田風俗十題」
下澤木鉢郎
碇ヶ関
稲垣知雄
採果記録(かぼちゃ)
3
9
9
0
1
1
税理士法人いそべ会計
〒424-0816
静岡市清水区真砂町4-23
TEL.054-364-0891
代表 磯部和明
公認会計士・税理士
代表 森田行泰
税理士
1.各種税務相談・税務申告
2.記帳業務
3.給与計算・決算指導

■東海税理士会所属
■日本公認会計士協会所属
TOPへ戻る