本文へ移動
3
8
7
9
3
6
いそべ会計の地図
税理士法人いそべ会計
〒424-0816
静岡市清水区真砂町4-23
TEL.054-364-0891
代表 磯部和明
公認会計士・税理士
代表 森田行泰
税理士
1.各種税務相談・税務申告
2.記帳業務
3.給与計算・決算指導

■東海税理士会所属
■日本公認会計士協会所属
 
4.『追分羊かん』の由来
昔ながらの追分羊かん。ただし、特大。
普通の追分羊かんときざみ栗入りのセット。
法事用に作られた追分羊かん。
つぶ栗入り追分羊かん。15代当主が開発したそうです。
きざみ栗入り追分羊かん。これも15代当主が開発。
(清水歴史探訪より) 
 府川充宏さんが15代目として切り盛りする『追分羊かん』にも、困難だった昔の旅にまつわる物語が伝えられています。
 
 「私の一番最初の先祖が、箱根の山を通っている時ですね。その時に『旅に病(や)める明(みん)の僧に出会いて』というから、今の中国から来たお坊さんが、江戸時代の初期とはいえ、いらっしゃったんでしょうね。
 そして、そのお坊さんが『旅に病める』だから、旅行中に、お腹が痛くなったか、頭が痛くなったか、コンディションが悪くなった。その『旅に病める明(みん)の僧を心温かく介抱。
 やがて病が癒えた僧は、感謝の涙と共に、小豆の羮(あつもの)づくりの秘法を教えた。』とありますから、お礼で作り方というのを教えて頂いたと伝えられております。」
 
 「今、他(ほか)の所で売っているいろんな種類の羊羹(ようかん)がありますけれども、この『追分羊かん』の羊羹(ようかん)とは、ちょっと違いますね。」
 
 「うちのは『蒸し羊羹(ようかん)』と言いまして、竹の皮に餡(あん)をくるんでから、蒸す。そういう作りなんですね。今はほとんどの所が、『煉り羊羹』ですけれども、僕の所のは、その前のもっと昔の作り方です。」
 
 「ええ~、包んであるのは、色んなパッケージがありますけれども、これらも昔ながらの物なんですか?」
 
 「そうです。竹の皮で(包んでありま)す。(昔は)、例えば、銀紙の薄いのとか、そんな物は無いわけですから。他になかったんでしょうね、包む物が。」
 「では、これは当時の作り方がそのまま伝わっているわけですか?」
 
 「そうですね、その味なんだけれど、今の方がよっぽどおいしいと思います。材料が良いから。」
 
 「製造はこのお店の所で、していらっしゃるんですか?」
 
 「はい、屋敷内で手作業で行っております。なかなか、手間がかかります。」
 
 「これは作るのにどのぐらい手間がかかるんですか?」
 
 「そうですね、餡(あん)を作る為に小豆(あずき)をぐつぐつ煮て、餡(あん)を取ります。そして、竹の皮を、水に浸して、それを丁寧に洗い、先ほど取った餡(あん)を竹皮に包みます。次に、竹皮のはじから取ったさきひもを、くるくる縛ります。一本ずつ手作業で行いますから、すごく手間が掛ります。」
ここで、正しい『追分羊かん』の出し方を説明致します。
普通の羊羹ならば、このようにして、つまようじでもつければ、正解ですが、『追分羊かん』の場合には、バツです。
このように、竹の皮に包まれたまま、切って出すのが、正当派。
こうして、剥きながら食べるのが、正解。

 

 「そして、その手間が掛る竹の皮を、今までずっと使い続けているという最大の理由はどういった理由(わけ)なんでしょう?」

 

「まず、竹の皮を使い続けているというのは、これが先祖から伝えられている物だからです。

 例えば、お客さんが、『あら珍しい。竹の皮に包んであるわ。この竹の皮を剝いで食べましょう。』と言って、羊かんの竹の皮を剝いで、餡子(あんこ)の部分だけを、包丁でもってトントンと切って食べるとしましょう。そうすると、その餡(あん)に指の指紋なんかが付いたりして、ペチャペチャしてあんまり良くないわけです。

 (『追分羊かん』の正しい食べ方は、)竹の皮の上から切って、それぞれの人が剥きながら食べるのです。そうすると、その瞬間にほんのほのかに『竹の香り』がして、ああやっぱり自然の物っていいなと感じるわけであります。

 そういうわけで、苦労して竹の皮を集めて、竹の皮を綺麗に洗って使っています。」

 

 

一口追分羊かん。平成に入ってからの開発です。
さくらももこさんが、わざわざデザインしてくれたそうです。
これはすごい、新商品『どらやき』です。
新商品『東海道記』。商標をとるのが大変だったそうです。
『追分羊かん』の昔からの隠れたヒット商品。
TOPへ戻る