本文へ移動
 
10.久能山東照宮を後にして
(清水歴史探訪より)
 「さて、国宝になってから、さらに観光客の姿が、今日もたくさんの方がお目見えですけれども、家康公はこの姿をどのようにご覧になっていらっしゃるんでしょうね?」
「そうですね、喜んでおられると思います。」
 
 久能山東照宮は、当時の建築技術の水位を集めた豪華絢爛な建造物と、徳川家康公の天下泰平の思いを象徴する極彩色の彫刻群で、今なお圧倒的な迫力を見せています。
 2010年12月には、本殿、石の間、拝殿が国宝に指定されました。
 そして、2015年には、御鎮座400年の大祭を迎えます。
 
 お話は、久能山東照宮宮司の落合偉洲さんでした。
 久能山東照宮に伝わる数々の歴史資料は、境内にある博物館に収蔵され、一般公開されています。
 
 清水歴史探訪、最終回、お相手は石井秀幸でした。
 
 この番組は、さつき通り沿いJR清水駅近くのいそべ会計がお送りしました。
 いそべ会計について、詳しくはHPをご覧ください。
東照宮を後にして
ロープウェイに乗って、
すれ違うゴンドラを見て、
新しくできたマークイズ静岡に行きました。
4
8
1
4
4
0
税理士法人森田いそべ会計
〒424-0816
静岡市清水区真砂町4-23
TEL.054-364-0891
代表 森田行泰
税理士
社員 磯部和明
公認会計士・税理士

1.各種税務相談・税務申告
2.記帳業務
 3.給与計算・決算指導

■東海税理士会所属
■日本公認会計士協会所属
TOPへ戻る